2019年06月08日

第47回例会 ロベルト・ジェラールの業績 講師:石田一志 2019年6月22日(土)18:15-19:15 インスティトゥトセルバンテス図書館会議室

【第47回例会 2019年6月22日(土)18:15-19:15 インスティトゥトセルバンテス図書館会議室】
講師:石田一志(当会顧問)

「ロベルト・ジェラール(Roberto Gerhard 1896-1970)の業績」
ロベルト・ジェラールはスペイン内戦で英国に亡命したカタルーニャの作曲家です。ペドレルの最後の弟子で、グラナドスにも学びましたが、その後、ウィーンとベルリンでシェーンベルクにも師事しました。CDで、彼のピアノ協奏曲の第3楽章を聴いて頂きます。

《石田一志先生略歴》
1946年東京生まれ。音楽評論家・音楽学者。慶応義塾に学ぶ。武蔵野音楽大学ピアノ科卒。同大学院で音楽学専攻。現代音楽を中心に研究評論を行う。また、国際交流基金などの派遣で欧米、インド、中国、韓国、ロシアなどで日本の現代音楽と伝統音楽を紹介してきた。慶応大学、玉川大学、武蔵野音楽大学などで、現代音楽を講じる。王子ホール藝術顧問、ミュージック・ペンクラブ・ジャパン会長、日本ロシア音楽家協会運営委員長、日本音楽コンクール作曲部門審査委員、京都賞専門委員長。中島健蔵記念現代音楽振興基金運営委員。くらしき作陽大学音楽学部教授・学部長などを歴任。現在、一般社団法人ミュージック・ペンクラブ・ジャパン会長、日本アルバン・ベルク協会常任理事、財団法人東方学会学術委員、音楽三田会会員。主要著訳書『シェーンベルクの旅路』(春秋社、芸術選奨文部大臣賞、ミュージック・ペンクラブ賞)、『現代音楽』(共訳、春秋社)、『モダニズム変奏曲〜東アジアの近現代音楽史』(朔北社、ミュージック・ペンクラブ賞)、『戦後日本音楽史(上下)』(共著、平凡社)、P.グリフィス『現代音楽小史』、『現代音楽』、『文化のなかの西洋音楽史』、ウェスリング『アルマ・マーラー』、(音楽之友社)など。

聴講料: JSSPM 会員 無料(懇親会会費に含む)、非会員 1,000円
会場アクセス: インスティトゥトセルバンテス東京

千代田区六番町2-9 03-5210-1800
https://tokio.cervantes.es/jp/where_is_instituto_cervantes.htm

聴講申込方法:
JSSPM 日本スペインピアノ音楽学会 事務局へ、『お名前/電話番号/メールアドレス/会員・非会員の種類』を明記の上、お申し込みください。聴講料は、当日受付にてご精算ください。

やむなく欠席される場合は、必ずご連絡くださいますようにお願いします。無断欠席される場合は聴講料を申し受ける事もありますので、ご注意ください。

JSSPM 日本スペインピアノ音楽学会事務局
E mail : info.jsspm@gmail.com
Fax: 03-3994-7733
posted by 学会 at 01:07| Comment(0) | 講座

2019年04月28日

第46回例会 没後20年 ホアキン・ロドリーゴ ピアノ作品 〜 魅惑の響き 2019年5月26日(日) 11:30-12:30‬ カワイ表参道Aスタジオ

【第46回例会 2019年5月26日(日)11:30-12:30‬ カワイ表参道Aスタジオ】
講師:不破 友芝(正会員・理事)、ゲスト:ピアニスト 高木 洋子 (正会員・理事)

《没後20年 ホアキン・ロドリーゴ ピアノ作品 〜 魅惑の響き》

ギター作品『アランフェス協奏曲』で知られるスペインの作曲家ホアキン・ロドリーゴはピアニストでもあり、多くのピアノ作品を残しました。今回は、ピアノ独奏曲および連弾曲に着目し、その多彩で個性的な<響き>にフォーカスして、魅力的な作品をご紹介します。連弾作品では、ピアニストの高木 洋子 理事にもご協力いただきます。

今年はロドリーゴ没後20年。なにか1曲お弾きになりませんか?皆様のレパートリー開拓のお役に立てればと思います。ご来場お待ちしております。

■演奏曲目 (予定)
朱色の塔の陰にて
パストラール
歌と踊り
公園の午後
黄昏(連弾)
郷愁の前奏曲


11:30〜12:20 レクチャー
12:20〜12:30 質疑応答

聴講料: JSSPM 会員 500円、非会員 1,000円
会場アクセス: カワイ表参道 3階Aスタジオ

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-1
東京メトロ表参道駅 A1出口すぐそば
Tel: 03-3409-2511, Fax: 03-3409-2598
会場地図→http://shop.kawai.jp/omotesando/access/

聴講申込方法:
JSSPM 日本スペインピアノ音楽学会 事務局へ、『お名前/電話番号/メールアドレス/会員・非会員の種類』を明記の上、Fax・E-mail のいずれかの方法にてお申し込みください。
聴講料は、当日受付にてご精算ください。

やむなく欠席される場合は、開始30分前までに必ずご連絡くださいますようにお願いします。無断欠席される場合は聴講料を申し受ける事もありますので、ご注意ください。

JSSPM 日本スペインピアノ音楽学会事務局
E mail : info.jsspm@gmail.com
Fax: 03-3994-7733
posted by 学会 at 23:02| Comment(0) | 講座

2019年01月21日

第45回例会 アリシア デ ラローチャ :大ピアニストが若き日に作曲したピアノ作品集〜その才能の片鱗を探る 2019年4月28日(日) 11:30-12:30‬ カワイ表参道Aスタジオ

【第45回例会 2019年4月28日(日)11:30-12:30‬ カワイ表参道Aスタジオ】
講師:ピアニスト 濱口典子(正会員•理事)

《アリシア デ ラローチャ :大ピアニストが若き日に作曲したピアノ作品集〜その才能の片鱗を探る》

29 de abril de 2019 a las 11:30h en KAWAI Omotesando Tókio
Conferencia : Alicia de Larrocha: Las obras para piano de juventud
A cargo de la pianista Michiko Hamaguchi de Saiga

ラローチャ53810877_2182975998698534_6308446306507423744_n.jpgラローチャ53918403_2182976015365199_4198591953614405632_n.jpg


スペインを代表する世界的ピアニスト アリシア デ ラローチャ(1923-2009)氏が若い頃に作曲した作品の数々が、”Pecados de juventud 若き日の罪” という謙虚な題名で2016年に彼女の人生が綴られた伝記と共に出版されました。バルセロナに、彼女の偉大な功績を表す印刷物や遺品、未公開録音などが保管されたアーカイブがあり、娘のアリシアさんとスタッフにより開設・運営されています。

偶然三年前にスペインで手に入れた作品集には、彼女の偉大な音楽家としての才能が隠されていると感じ、昨年4月に訪れて自筆譜を見せて頂いたり、お話を伺ってきました。彼女はグラナドスが設立したマーシャル音楽院の院長を務めていましたが、後継者のマルタ サバレタ氏により録音された作品のCD録音鑑賞や実演も交えて、没後10年を迎えるアリシア デ ラローチャの芸術を探ってみます。

演奏曲目 (予定)
Coral
Jota
Invención


11:30〜12:20 レクチャー
12:20〜12:30 質疑応答

ラローチャ53830256_2182975975365203_272591846176194560_n.jpgラローチャ53570528_2182976042031863_5304688230111641600_n.jpg

聴講料: JSSPM 会員 500円、非会員 1,000円
会場アクセス: カワイ表参道 3階Aスタジオ

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-1
東京メトロ表参道駅 A1出口すぐそば
Tel: 03-3409-2511, Fax: 03-3409-2598
会場地図→http://shop.kawai.jp/omotesando/access/

聴講申込方法:
JSSPM 日本スペインピアノ音楽学会 事務局へ、『お名前/電話番号/メールアドレス/会員・非会員の種類』を明記の上、Fax・E-mail のいずれかの方法にてお申し込みください。
聴講料は、当日受付にてご精算ください。

やむなく欠席される場合は、開始30分前までに必ずご連絡くださいますようにお願いします。無断欠席される場合は聴講料を申し受ける事もありますので、ご注意ください。

JSSPM 日本スペインピアノ音楽学会事務局
E mail : info.jsspm@gmail.com
Fax: 03-3994-7733

posted by 学会 at 00:00| Comment(0) | 講座