2020年05月13日

会長からのご挨拶(2020年5月13日)

 ご挨拶

 日常の不安を慰めるように、街には紅や薄紅色のツツジの花が咲き誇っております。
 皆さま、如何お過ごしでいらっしゃいますか?

 スペインでは最近、1日に少しだけ外出が許されるようになりました。歴史を遡ると、15世紀末にコロンブスが海を渡り大陸に到達した後、その地の先住民は病原菌により多くの命を失ったと言われます。昔も今も、地球上での戦いは人と人の間で行われるものばかりではなく、自然災害やこのようなウィルスとも対さなければならないのだと、今、改めて思い知らされています。
 中世の時代とは異なり、現代は医療が進歩しておりますが、人間はいつも自然界に対して謙虚に対峙していかなければならないと思います。

 さて、学会では感染予防として3月、4月の例会を中止させて頂きました。その後、緊急事態宣言も延長となってしまいましたので、学会理事会では今後の活動につきまして、色々検討しております。オンラインの活用を検討し、こんな時こそ心の潤滑油である音楽での交流に努めたいと考えます。

 どのような具体策があるか、しばらくお待たせする事になりそうですが、現在、色々模索しておりますので、お許し下さい。会員の皆様からも、何かご希望やご提案頂けましたら有難いです。

 また再び、皆さまと元気に楽しく集えることを楽しみにしております。

日本スペインピアノ音楽学会会長  上原由記音
posted by 学会 at 21:49| Comment(0) | お知らせ

2020年01月20日

【延期】JSSPM第56回例会 3月22日無期限延期〜アルゼンチンタンゴとスペイン、イベロアメリカのピアノ音楽の関わり 講師:藤本直美

【例会延期のお知らせ】
この度の新型コロナウイルスの影響を受けまして、JSSPMでは会員、来場者の皆様の安心、安全を第一に大事をとりまして、当の例会は無期限延期とさせていただきます。
同内容にて、事態の沈静化を鑑みての開催と致します。どうぞ宜しくお願いいたします。


【JSSPM 第56回例会 2020年3月22日 11:30-12:30‬ カワイ表参道Aスタジオ】
講師:藤本直美(当会正会員 ピアニスト)

《アルゼンチンタンゴとスペイン、イベロアメリカのピアノ音楽の関わり》

ユネスコの無形文化遺産であるアルゼンチンタンゴは世界中の人々に踊られています。日本でもタンゴの音楽は多くの人々に愛され続けています。私はアルゼンチンタンゴを踊るようになって、アルゼンチンタンゴとスペイン音楽との繋がりを知り、コンサートでもピアソラの作品を取り入れてきました。今回はスペイン及びイベロアメリカの音楽がアルゼンチンタンゴに与えた影響や奏法などをお話しいたします。またタンゴの革命児と呼ばれたアストル・ピアソラのエピソードなども彼の作品と共にご紹介いたします。

皆様のご来場をお待ちしております。

題材予定曲目
 アルベニス「エヴォカシオン」
 レクオーナ「コルドバ」
 ピアソラ「天使のミロンガ」
 ロドリゲス「ラ・クンパルシータ」
 

11:30〜12:20 レクチャー
12:20〜12:30 質疑応答

聴講料: JSSPM 会員 500円、非会員 1,000円
会場アクセス: カワイ表参道 3階Aスタジオ

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-1
東京メトロ表参道駅 A1出口すぐそば
Tel: 03-3409-2511, Fax: 03-3409-2598
会場地図→http://shop.kawai.jp/omotesando/access/

聴講申込方法:
JSSPM 日本スペインピアノ音楽学会 事務局へ、『お名前/電話番号/メールアドレス/会員・非会員の種類』を明記の上、Fax・E-mail のいずれかの方法にてお申し込みください。
聴講料は、当日受付にてご精算ください。

やむなく欠席される場合は、開始30分前までに必ずご連絡くださいますようにお願いします。無断欠席される場合は聴講料を申し受ける事もありますので、ご注意ください。

JSSPM 日本スペインピアノ音楽学会事務局
E mail : info.jsspm@gmail.com
posted by 学会 at 00:00| Comment(0) | 講座

2020年01月18日

JSSPM第55回例会 2月16日(日)〜ラテンアメリカ音楽の成り立ちと特徴 講師:下山静香

【JSSPM第55回例会 2月16日(日)ラテンアメリカ音楽の成り立ちと特徴】 講師:下山静香

スペイン音楽にはイスラム、ユダヤ、ロマなどの影響が入り込み、西洋音楽の中でも特異な個性を発揮しています。そして16世紀以降、異教徒を追放(表面上)してからは、植民地とした新大陸からの要素も加わり、スペイン音楽のヴィヴィッドな多様性は保たれたと言えるでしょう。
第55回例会は、16世紀から19世紀にかけて大半がスペイン・ポルトガルの支配下にあったラテンアメリカの音楽の総論と、ムシカ・クリオージャ、イダ・イ・ブエルタなどスペイン音楽との関係性について、実例を示しながらお話ししたいと思います。

11:30〜12:20 レクチャー
12:20〜12:30 質疑応答

例会聴講料: JSSPM 会員 500円、非会員 1,000円

会場: カワイ表参道 (<スタジオA>を予定)

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-1
東京メトロ表参道駅 A1出口すぐそば
Tel: 03-3409-2511, Fax: 03-3409-2598
会場地図→http://shop.kawai.jp/omotesando/access/

聴講申込方法:
JSSPM 日本スペインピアノ音楽学会 事務局へ、『お名前/電話番号/メールアドレス/会員・非会員の種類』を明記の上、E-mail にてお申し込みください。聴講料は、当日受付にてご精算ください。

やむなく欠席される場合は、開始30分前までに必ずご連絡くださいますようにお願いします。無断欠席される場合は聴講料を申し受ける事もありますので、ご注意ください。

JSSPM 日本スペインピアノ音楽学会事務局
〒176-0002 東京都練馬区桜台 3-48-10-503
E-mail:info.jsspm@gmail.com
posted by 学会 at 00:00| Comment(0) | 講座