2020年09月21日

JSSPM第60回オンライン例会 2020年10月18日(日)「エボカシオン〜2004年の《イベリア》講習会で学んだこと」担当:日裏晶子

日本スペインピアノ音楽学会(JSSPM)2020年10月18日 第60回例会
「エボカシオン〜2004年の《イベリア》講習会で学んだこと」
担当:日裏晶子(当学会理事)

 2004年の秋、バルセロナのマーシャル音楽院にて、《イベリア》講習会Curso Iberiaが開かれました。前年に最後のリサイタルを終え演奏活動から引退なさったアリシア・デ・ラローチャ先生が、アルベニスの組曲《イベリア》についての講習会を6日間に渡って行う、とのことで、世界中から多くの受講生が集まりました。「このようなチャンスは二度とない!」との想いで私も申し込み、アリシア先生から直接レッスンを受ける機会をいただきました。
 世界的に新型コロナウィルスの流行が収まらない今、海外へ勉強に行くこともままなりませんが、私自身が講習会で学んできたこと、特に組曲の第1曲目「エボカシオン(プレルーディオ)」での先生のレッスンを再び思い返して、少しでも会員の皆さまにお伝えすることができれば、と思います。
 また、講習後に訪れたアルベニスの生地、カンプロドンで感じたことなども写真と共にお話をさせていただく予定です。

 当日は、EMEC-EDEMS(Schott)社 Guillermo Gonzalez版 の原典版を使用しますが、それぞれお持ちの版をご覧ください。楽譜がお手元にない方は、こちらをダウンロードしてご使用ください。小節番号がないので、あらかじめ入れておいていただけるとわかりやすいのでは、と思います。また、下記初版譜は大変誤りが多いため、譜読みには適さない点ご留意ください(学会誌第1号p. 82〜参照)。

組曲《イベリア》(全曲):
https://ks.imslp.net/files/imglnks/usimg/4/46/IMSLP515472-PMLP7337-Albaniz_-_Iberia.pdf

お申し込みの会員の方に当日の例会オンラインのための招待リンクをお送りします(ZOOMを予定)。オンライン例会については、会員のみ対象の非公開例会となります。

どうぞ会員の皆様のご参加をお待ちしております。

スケジュール:
2020年10月18日(日)
14:00〜15:00:例会+質疑応答
参加料: 無料(JSSPM 会員対象)
posted by 学会 at 19:49| Comment(0) | 講座