2020年01月18日

JSSPM第55回例会 2月16日(日)〜ラテンアメリカ音楽の成り立ちと特徴 講師:下山静香

【JSSPM第55回例会 2月16日(日)ラテンアメリカ音楽の成り立ちと特徴】 講師:下山静香

スペイン音楽にはイスラム、ユダヤ、ロマなどの影響が入り込み、西洋音楽の中でも特異な個性を発揮しています。そして16世紀以降、異教徒を追放(表面上)してからは、植民地とした新大陸からの要素も加わり、スペイン音楽のヴィヴィッドな多様性は保たれたと言えるでしょう。
第55回例会は、16世紀から19世紀にかけて大半がスペイン・ポルトガルの支配下にあったラテンアメリカの音楽の総論と、ムシカ・クリオージャ、イダ・イ・ブエルタなどスペイン音楽との関係性について、実例を示しながらお話ししたいと思います。

11:30〜12:20 レクチャー
12:20〜12:30 質疑応答

例会聴講料: JSSPM 会員 500円、非会員 1,000円

会場: カワイ表参道 (<スタジオA>を予定)

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-1
東京メトロ表参道駅 A1出口すぐそば
Tel: 03-3409-2511, Fax: 03-3409-2598
会場地図→http://shop.kawai.jp/omotesando/access/

聴講申込方法:
JSSPM 日本スペインピアノ音楽学会 事務局へ、『お名前/電話番号/メールアドレス/会員・非会員の種類』を明記の上、E-mail にてお申し込みください。聴講料は、当日受付にてご精算ください。

やむなく欠席される場合は、開始30分前までに必ずご連絡くださいますようにお願いします。無断欠席される場合は聴講料を申し受ける事もありますので、ご注意ください。

JSSPM 日本スペインピアノ音楽学会事務局
〒176-0002 東京都練馬区桜台 3-48-10-503
E-mail:info.jsspm@gmail.com
posted by 学会 at 00:00| Comment(0) | 講座
この記事へのコメント