2020年08月23日

JSSPM第59回例会(会員限定・オンライン)2020年9月13(日)「自筆譜の重要性〜アルベニス晩年の傑作《アスレホス》の正しい音と指使い考察」担当:不破友芝

JSSPM会員の皆様

オンライン例会のご案内です。

*JSSPM会員対象 限定イベント
【JSSPM 第59回例会 2020年9月13(日)14:00-15:00‬ - オンライン】
担当:不破友芝(当学会理事)

「自筆譜の重要性〜アルベニス晩年の傑作《アスレホス》の正しい音と指使い考察」

アルベニスは組曲『イベリア』を完成させた後に、「ナバラ」と「アスレホス」という作品を未完で残しました。「アスレホス」は友人のグラナドスに託され、完成部分の2倍を超える長さの堂々たる傑作に仕上がりました。しかし、現状この曲の高い価値に比べ、演奏される機会が少ないことが問題だと考えております。

原因は2つあると考えられます。第1の原因は、そのままでは演奏が困難であることです。『イベリア』の「ヘレス」に勝るとも劣らない複雑な手の交差を要求されるため、そのまま演奏するとかなりの難しさとなります。これを回避する楽譜は1つ出版されていますが、『イベリア』『ラベーガ』『ナバラ』『アスレホス』が1冊となり高価である点が問題です。

第2の原因は、正しい浄書譜が出版されていないこと。手元には9種類の出版譜がありますが、正確なものは見当たりません。これは、アルベニスとグラナドスによる自筆譜と、出版に向けて作成された手稿譜にあまりに多くの差が存在することによる混乱が、尾を引いていると考えます。

そこで今回の例会では、まず正しい楽譜を作ること、そして、演奏しやすい指使いを考えやすい楽譜を作って、皆様と演奏しやすい運指について検討できればと考えております。

参加する皆様におかれましては、可能であれば「アスレホス」の運指(最低でも15小節までは)・メロディラインを考えておいていただきたいと思います。また、ピアノを演奏されない方に関しましては、手書き譜から楽譜を作成することの難しさを体感いただける例会になると考えておりますので、ご興味がございましたら、ご参加ください。

「アスレホス」の楽譜がお手元にない方は、こちらをダウンロードしてご使用ください(第2版です):
http://ks4.imslp.net/files/imglnks/usimg/8/83/IMSLP01147-Albeniz_azulejos.pdf

例会で紹介する楽譜については拙HPをご参照ください:
http://iberia.music.coocan.jp/column_gakufuhikaku_albeniz.htm

お申し込みの会員の方に当日の例会オンラインのための招待リンクをお送りします(ZOOMを予定)。オンライン例会については、会員のみ対象の非公開例会となりますので、ご興味がある方は、この機会にご入会ください。

どうぞ会員の皆様のご参加をお待ちしております。

スケジュール:
2020年9月13日(日)
14:00〜15:00:例会+質疑応答
参加料: 無料(JSSPM 会員対象)
posted by 学会 at 18:03| Comment(0) | 講座
この記事へのコメント