2022年02月07日

JSSPMオンライン例会 2022年2月13日(日)「スペイン伝統の舞曲のリズムとクラシック音楽」担当:濱田吾愛

日本スペインピアノ音楽学会(JSSPM)
ーJSSPM第75回例会(ZOOM)ー

担当:濱田吾愛(当会正会員 スペイン音楽研究家、カンタオーラ)
スケジュール: 2022年2月13日(日) 10:30-11:30 例会+質疑応答
参加者: JSSPM 会員対象

《スペイン伝統の舞曲のリズムとクラシック音楽》

イベリア半島には古来、数多くの歌や踊りが存在します。それらの民謡は人々に愛され、また芸術家のインスピレーションを刺激して作品のモチーフとなってきました。とりわけ舞曲の種類は豊富で、セギディーリャ、ボレロ、ホタ、ファンダンゴといった全土にわたって流行を見た曲種から、アンダルシアのタンゴやぺテネラ、バスクのソルツィコ、カタルーニャのサルダナ、キューバ由来のグアヒラなど地方色豊かなものまで、枚挙にいとまがありません。そうしたものの幾つかは、クラシコ・エスパニョール(スペイン古典舞踊)と呼ばれ、スペイン国立バレエ団などの演目にも取り入れられています。

それらの舞曲のリズムを活用したクラシックの作品を具体的に紹介しながら、その独特の魅力に迫ります。

1. 歌と踊りの宝庫、イベリア半島
2. さまざまな民謡
3. 多彩な舞曲
4. クラシック作品への反映

〜〜以上

*オンライン会員については、会員のみ対象の非公開例会となります。どうぞ会員の皆様のご参加をお待ちしております。
posted by 学会 at 18:09| Comment(0) | 講座
この記事へのコメント