2022年05月19日

JSSPM第79回オンライン例会 2022年6月26日(日)「イサーク・アルベニス《7つの長調によるエチュード T.67》の紹介」担当:上原由記音

日本スペイン音楽学会(JSSPM)第79回例会(ZOOM)
担当:上原由記音(当会会長)
スケジュール: 2022年6月26日(日) 17:30-18:30 例会+質疑応答
★★★★★★★★★★★時間変更しました↑★★★★★★★★★★★★

「イサーク・アルベニス《7つの長調によるエチュード T.67》の紹介」

イサーク・アルベニスは1886年に《7つの長調によるエチュード》T.67 作品65(Siete estudios en los tonos naturales mayores)を作曲しました。1886年とは、彼がマドリード国立音楽朗唱学校(現マドリッド音楽院)に3月末ピアノ科アシスタント教授la catedra auxiliar de pianoに任命された年です。

アルベニスは友人や生徒の為に、5度圏による調性で第1番から7番まで作曲しており、表紙に《第1集》と明記してあったことから、その続きを考えていたと思われますが、残念ながら《第2集》は作曲しませんでした。日本でこれらを取り上げるのは初めてとなりますので、どんな練習曲なのか、どうぞお楽しみにしてください!

楽譜は ペトルッチ楽譜ライブラリーからも入手することが出来ますので、興味のあるかたは楽譜をご用意ください。皆様のご参加をお待ちしております。
posted by 学会 at 07:33| Comment(0) | 講座
この記事へのコメント