2021年04月01日

JSSPM第65回オンライン例会 2021年4月11日(日)「中南米のピアノ曲に親しむ 第1回・概論:中南米の作曲家のピアノ曲の多様性とその魅力のポイントについて」担当:官川薫

【JSSPM第65回例会(ZOOM)】

‘‘中南米のピアノ曲に親しむ 第1回・概論:中南米の作曲家のピアノ曲の多様性とその魅力のポイントについて’’
担当:官川薫(当会正会員)

スケジュール:
2021年4月11日(日) 
14:00〜15:00:例会+質疑応答
参加料: 無料(JSSPM 会員対象)

広義の中南米(メキシコとカリブ海地域を含む)は33の独立国と約20の非独立地域からなり、約6億5千万の人々が住んでいる。この面積・人口ともに広大な地域の音楽は「ラテン音楽」と一括りにしてしまうにはあまりにも多様であり、その多様性の背景には各国・各地域により異なる先住民、15世紀以降のヨーロッパ人による侵略とその後の移民、16世紀以降のアフリカからの奴隷の流入などの複雑な歴史がある。これらの文化的に異なる人々が中南米では様々な形で混ざり合い、音楽においても、先住民由来のアンデス系音楽、ヨーロッパからの貧しい移民達の間で発展したとされるタンゴ、アフリカ民族音楽のリズムの影響を受けたアフロ・キューバ音楽やアフロ・ブラジル音楽など様々である。

中南米の作曲家によるピアノ作品は、概ね19世紀初め〜後半より各国で現れ始めている。初めはヨーロッパからのピアノの輸入と共に伝わったヨーロッパ音楽の模倣であったが、徐々にロマン派音楽に(上記の様々な背景を持った)自国の民族音楽を混ぜたピアノ曲が現れて発展し、20世紀に入ると政治や社会の変革や、文学・美術などの影響を受けつつ、自国のアイデンディティーを重視する様な近現代のピアノ曲が盛んに作られている。

以上のように中南米の作曲家のピアノ作品の特徴を一言で説明するのは不可能であるが、今回は、これらの豊富な音楽的素材を擁した中南米の作曲家のピアノ曲の聴き所、弾き所のポイントを、いくつかのピアノ曲を具体的に例にとってお話します。また日本から遠く離れ、欧米に比べると入手が困難な中南米のピアノ作品の音源や楽譜などの資料の収集のコツなども説明いたします。

ピアノ曲を作った中南米の作曲家は、私のウェブサイトで紹介している作曲家だけでも18カ国155名にのぼります。マヤやアマゾンの密林のように、どこまでも奥深い中南米ピアノ音楽の世界に足を踏み入れてみませんか。皆様のピアノ曲のレパートリーに新たな世界が加わること確実です!。

お申し込みの会員の方に当日の例会オンラインのための招待リンクをお送りします(ZOOMを予定)。オンライン例会については、会員のみ対象の非公開例会となります。

どうぞ会員の皆様のご参加をお待ちしております!
posted by 学会 at 05:52| Comment(0) | 講座

2021年03月22日

【延期】JSSPM第65回オンライン例会 2021年3月28日(日)「旅する音楽〜オンラインツアーで巡るスペインの風景」担当:高木洋子

【※当例会は延期とさせていただきます】
日本スペインピアノ音楽学会(JSSPM)2021年3月28日(日)第65回例会
「旅する音楽〜オンラインツアーで巡るスペインの風景」
担当:高木洋子(当学会理事)

どの時代も異国への憧れ、まだ見ぬ土地への好奇心が創作の元。アルベニス、ファリャなどのスペインの作曲家たちの故郷、素敵な作品が生まれた場所を中心に音楽家同士の友情に思いを寄せながら、縁の場所にタイムトリップ、どこを訪れるかは当日のお楽しみ!旅気分でご参加ください。ご一緒できるのを楽しみにしています。

当日までに例会オンラインのための招待リンク(zoomを利用)をお送りします。
オンライン例会については、会員のみ対象の非公開例会となります。
どうぞ会員の皆様のご参加をお待ちしております!

スケジュール:
2021年3月28日(日) 
19:00〜20:00:例会+質疑応答
参加料: 無料(JSSPM 会員対象)
posted by 学会 at 06:10| Comment(0) | 講座

2021年02月20日

JSSPM第64回オンライン例会 2021年2月28日(日)「Música en Compostela “サンティアゴ・デ・コンポステラ国際スペイン音楽大学講習会“ の魅力を語る」担当:濱口典子

日本スペインピアノ音楽学会(JSSPM)2021年2月28日《アンダルシアの日》 第64回例会
「Música en Compostela “サンティアゴ・デ・コンポステラ国際スペイン音楽大学講習会“ の魅力を語る」
担当:濱口典子(当学会理事)

 2005年の夏から連続して2020年まで、ほぼ毎年奨学金生として参加を許され、その間にスペイン語圏の人々との数々の出会いや交流から、生きたスペイン音楽・文化など体験をしてきました。そして今では日本案内窓口として事務局から信頼を得ています。

この講習会は、スペインで最も古く伝統ある講習会で、日本を代表する音楽家たちが過去に参加しており、世界で活躍するスペイン語圏の演奏家たちも若き日にここで学んでいます。教授陣も、セゴビア、ラローチャ、モンポウから始まり・・・スペインを代表する講師陣が指導しています。開催当初は4週間という長い講習会でした。今では短くなりましたが、それでも2週間、毎日レッスンと練習、音楽会や講座などに浸る毎日です。そして、ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステラは、キリスト教の聖地であり、治安も非常によく、大西洋の海の幸とそこで作られる白ワインを毎日味わえます。

2005年に友人に誘われて初めて参加した時は英語とイタリア語でしかコミュニケーションできなかった私が、独学でスペイン語をマスターし、今日ではスペイン語圏の世界各地に様々な人脈を持ち、生のスペイン音楽を学び、それだけでなく実際に見て感じた様々な事柄をお話しし、後輩のみなさんたちへの参考になれば嬉しいです。当学会でも数名すでに参加しています。

こちらが公式サイトです→https://www.musicaencompostela.es/en/home/
上記の公式サイトはこの数年やっと整備され、それまではネットで探してもインフォーメーションを見つけるのが難しく、それゆえにスペイン語のできない人々の参加が難しかったのですが、今は英語とスペイン語・ガリシア語での案内を公式サイトで見ることができるようになりました。

1時間という短い時間ですが、この講習会の様々な魅力を映像や音源を紹介しながらお話しし、ぜひ一緒に行ってみましょう!というお誘いするとともに、ご興味ある方々の一助になれば幸いです。

お申し込みの会員の方に当日の例会オンラインのための招待リンクをお送りします(ZOOMを予定)。
オンライン例会については、会員のみ対象の非公開例会となります。
どうぞ会員の皆様のご参加をお待ちしております!

スケジュール:
2021年2月28日(日) 
19:00〜20:00:例会+質疑応答
参加料: 無料(JSSPM 会員対象)

posted by 学会 at 11:29| Comment(0) | 講座