2015年05月28日

講師の紹介

スペイン近代ピアノ作品の奏法について(公開レッスン形式)

上原由記音 Yukine Uehara (会長)

上原由記音 J・フェヴリエ氏に師事し、A・ルイス=ピポ、A・デ・ラローチャ、F・モンポウの夫人C・ブラーボの各氏にスペイン作品を学ぶ。グラナダ音楽院、キューバ国立芸大にて講座やレッスンを行い、ハエン国際ピアノコンクールの審査員を務める。スペイン政府グラシアン基金助成により著書「粋と情熱スペイン・ピアノ作品への招待」とCD「アルベニス作品集vol.1〜4」を出版、全てのCDがレコード芸術誌特選盤に選ばれ、アルベニス作品目録編集者のJ・トーレス氏から「アルベニスの音楽遺産を世界の聴衆に紹介するための完璧な演奏家」と評される。2010年「組曲イベリア全曲リサイタル」を全国4か所で開く。「スペインピアノ音楽選集(ヤマハ)」「スペインピアノ曲集《CD付》(カワイ)」「アルベニス小品集(全音)」「トゥリーナピアノ作品集(ヤマハ)」を出版。パリ・エコールノルマル音楽院修了。日仏音楽コンクール1位。琉球大学教育学部・同大学院教授。 http://members2.jcom.home.ne.jp/yukine/

「スペイン音楽の楽しみ」

濱田滋郎 Jiro Hamada (顧問)

濱田滋郎

音楽評論家、スペイン文化研究家。1935年東京生まれ。60年頃より翻訳、雑誌への寄稿、レコード解説などの仕事につく。78年より東京藝術大学、桐朋学園大学、東京外国語大学、立教大学ほかで講師を務める。NHK-FM放送クラシック音楽・民族音楽の番組にレギュラー出演。1989年10〜12月には教育テレビ「市民大学」講師として南米のフォルクローレを講ずる。また88、90年の両年、キューバのハバナ国際ギターフェスティヴァル&コンクールに審査員・講演者として招かれる。主要著書に『フラメンコの歴史』『エル・フォルクローレ』(晶文社)、『スペイン音楽のたのしみ』(音楽之友社)、『濱田滋郎の本』(現代ギター社)、『ギターの名器と名曲』(ナツメ社)。訳書にジェファリ『フェルナンド・ソル』、プジョール『タレガの生涯』(以上現代ギター社)、カーノ『フラメンコ・ギターの歴史』(パセオ社)ユパンキ『インディオの道(小説)』(晶文社)ほか多数。現在、日本フラメンコ協会会長、スペイン音楽こだまの会主宰。1984年第3回葦原英了賞受賞。

「西欧・東欧とスペイン」

石田一志 Kazushi Ishida (顧問)

石田一志

音楽評論家・音楽学者。1946年東京生まれ。慶応義塾に学ぶ。武蔵野音楽大学大学院修士課程修了。元くらしき作陽大学音楽学部教授・学部長。現在、一般社団法人ミュージック・ペンクラブ・ジャパン副会長、日本アルバン・ベルク協会常任理事、音楽三田会会員。主要著訳書『シェーンベルクの旅路』(春秋社、芸術選奨文部大臣賞、ミュージック・ペンクラブ賞)、『現代音楽』(共訳、春秋社)、『モダニズム変奏曲〜東アジアの近現代音楽史』(朔北社、ミュージック・ペンクラブ賞)、『戦後日本音楽史(上下)』(共著、平凡社)、P.グリフィス『現代音楽小史』、P.グリフィス『現代音楽』、『アルマ・マーラー』、(音楽之友社)。


「スペイン、その音楽と文化」

熊本マリ Mari Kumamoto (理事)

熊本マリ

東京に生まれ、10歳で家族と共にスペインへ移り住む。1975年よりスペイン王立マドリード音楽院でホアキン・ソリアノ氏に師事。スペイン青少年音楽コンクール優勝。1982年に奨学金を受けてジュリアード音楽院にてサーシャ・ゴロニツキー氏に師事。1985年から英国王立音楽院にてC・エルトン氏に師事。また、アンジー・エステルハージー氏に師事。英国ニューポート国際音楽コンクールに入賞、故ダイアナ妃より授与される。1986年同音楽院卒業後、最年少でRecital-Diplomaを授与され帰国。1991年スペインの作曲家フェデリコ・モンポウのピアノ曲全集の録音を完成(世界初)。世界各地でオーケストラとの共演やリサイタルを行ってきたが、近年は、エジプト・ジョルダン・アルゼンチン・ベネズエラでも演奏をしている。CDはモンポウの作品集「静かな音楽」等をはじめとして20枚以上リリースしており、スペイン音楽からバッハやショパン、広いレパートリーを持つ。現在、大阪芸術大学教授。軽快なトークを交えた独自のコンサートは特に人気が高く、その活躍は日本国内にとどまらない。テレビ・ラジオへの出演、執筆活動など多才な活動で幅広いファンを魅了している。

「ホタJotaの紹介と演奏解釈」

下山静香 Shizuka Shimoyama (理事)

下山静香 桐朋学園大学卒。99年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてマドリードへ。故R.M.クチャルスキのもとで研鑽、バロックから現代までスペイン音楽研究を深める。その後マーシャル音楽院(バルセロナ)にて、C.ガリガ、故C.ブラーボ、故A.デ・ラローチャに師事。スペイン各地に招かれリサイタルを行う。これまで6枚のCDをリリース、2015年《ショパニアーナ》が『レコード芸術』誌特選盤となる。NHK「クラシック倶楽部」「ららら♪クラシック」「ぴあのピア」などに出演。アンサンブル奏者としても定評があり、多くの海外アーティストと共演を重ねる。現在「スペイン・ラテンアメリカ室内楽シリーズ」などプロジェクトを複数継続中。国内外で活発な演奏活動を展開するかたわら、執筆も行う。共編著1冊、共著8冊、翻訳書1冊、校訂楽譜2冊がある。スペイン・中南米音楽レクチャーコンサートで京都外国語大学、慶應義塾大学、東京藝術大学、東京大学ほかに招かれている。JML音楽研究所にて「スペイン音楽演奏講座」開講中。桐朋学園大学、東京大学 各非常勤講師。

「スペイン音楽の魅力〜ギターとピアノで奏でるアランフェス協奏曲他」

高木洋子 Yoko Takaki (理事)

高木洋子 横浜市出身。幼少時4年間サンパウロで過ごし、作曲家でピアニストのアマラウ・ビエイラ氏らに師事。北鎌倉女子学園高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業後、'96年よりスペインにてピアニスト、ホセ・マヌエル・クエンカ氏にスペイン音楽を学び、以降、スペイン、南米作品を中心に音楽活動を展開。以降、国内、スペイン各地をはじめ、ヨーロッパ各地、アルゼンチン、トルコ等で開催される数多くのコンサートや、各地の国際音楽フェスティバルに招かれ出演するほか、マスタークラス、コンクール審査員等も務めている。CDに『スペイン音楽紀行』『パイサッへ』『天使のミロンガ』『クラベリートス』他、G&P選集『鎌倉』、DVD「レイエンダ〜伝説」では、名ギタリスト、マリア・エステル・グスマンと共演。著書「スペインの風景〜音楽で彩る旅行ガイド」をヤマハ・ミュージックメディア社より好評発売中。洗足学園音楽大学院講師。www.yoko-takaki.com

特別講師:マリア・エステル・グスマン(ギター)María Esther Guzmán

音楽家の血筋を引き継ぐマリア・エステルはセビーリャに生れ、4歳で同地のロペ・デ・ベガ劇場でデビュー。11歳でスペイン国営放送局主催の音楽コンクールで優勝し、12歳の時に巨匠アンドレス・セゴビアにその演奏を讃えられた。「アンドレス・セゴビア国際ギターコンクール」他、国内外での国際コンクールでの優勝・入賞多数。その後世界各地で活発な演奏活動を続ける。1994年アンダルシア音楽賞、また、“フリアン・アルカス”のCDで音楽誌「リズム」より特別音楽賞を受賞。1998年にはセビーリャ音楽協会より、音楽家生活25周年(銀婚式)を表彰され、2002年にセビーリャのサンタ・イサベル・デ・フングリア王立アカデミーの会員に任命された。最近では、バレンシア音楽堂にて芸術文化功労賞を受賞。1988年からの日本ツアーは毎年恒例になっており、これまでに一枚のレコード、20枚のCD、4本のビデオ、DVD「レイエンダ〜伝説〜」など多数発売。www.mariaestherguzman.eu

「スペイン舞踊やフラメンコのリズムについて」

濱口典子 Michiko Hamaguchi de Saiga(副会長・事務局)

濱口典子 武蔵野音楽大学大学院修了後、2005年より10年間に渡りスペイン文化省などの奨学金を得て渡西を重ね、アンドレス・セゴビアーホセ・ミゲル・ルイス・モラーレス賞受賞。S.バエス氏より「前奏曲集」を献呈され初演。A.イグレシアス、M.カラ、B.ウリベ、J.コロン、I.ペナーゴス、J.A.ムニョス、E.サンティアゴ、J.L.カーロ神父の各氏のもとでスペイン音楽のピアノ演奏、声楽解釈、室内楽、音楽学の研鑽を積む。大野美鈴、平野邦夫、 J.P.セヴィア、 H.ピュイグ=ロジェ、 J.ホラークの各氏にピアノを、カンテ・フラメンコをエンリケ坂井氏に師事。2008年にはコルドバ葡萄収穫祭週間に招待される。2010年NHK-BShi 「黒木メイサ/スペイン・フラメンコ魂の踊りと出会う旅」の企画・制作に携わる。2013-14年日西交流400周年記念演奏会を日本・スペイン各地で行う。現在、昭和音楽大学、日本オペラ振興会オペラ歌手育成部、ヤマハ千葉店各講師。二期会スペイン音楽研究会および足利オペラリリカピアニスト。Música en Compostela日本インフォーメーション http://www.musicaencompostela.es/

「アルベニスの楽譜について」

不破友芝 Tomoshiba Fuwa(理事)

不破友芝

東京工業大学理工学研究科数学専攻修了。IT関連企業勤務。1998年よりWebページ「楽譜の風景」を運営。フレスコバルディ、バッハ、ショパン、ラヴェル、スクリャービン、プロコフィエフ、リゲティ、クセナキス等幅広く演奏。スペインものに関しては、アルベニスの組曲『イベリア』全曲、ラ・ベーガ、アスレーホス、ナバーラ、モンポウ『歌と踊り』全曲の他、ファリャ、グラナドスなども演奏。スカルラッティに関してはチェンバロで演奏。「楽譜の風景」では『イベリア』をはじめ各作品の解説を公開。譜読みがしやすくなる新記譜法color5を発案。color5による楽譜出版やコンチェルト独奏版などの自編曲も出版。その他、雑誌「ショパン」への記事提供、楽譜の校訂(プロコフィエフ『シンデレラ』[ヤマハミュージックメディア社出版]、スタンチンスキー ソナタ集[プリズム社出版])にも関わる。
ホームページ:楽譜の風景

「ゴヤの生きたスペインのピアノ音楽」

川口成彦 Naruhiko Kawaguchi

川口成彦 撮影 Taira Nishimaki

1989年に岩手県盛岡市で生まれ、横浜で育つ。現代のピアノのみならず、フォルテピアノやチェンバロ、クラヴィコードといった歴史的な鍵盤楽器を用いても演奏活動を展開している。東京藝術大学音楽学部楽理科、同大学大学院修士課程古楽科を経て、現在アムステルダム音楽院古楽科修士課程に在学中。第1回ローマ・フォルテピアノ国際コンクール〈M. クレメンティ賞〉優勝、ヘールフィンク国際フォルテピアノコンクール2015(アムステルダム)、第27回国際古楽コンクール‹山梨›鍵盤楽器部門入賞。イタリアの諸都市でリサイタルが開かれ、トリエステの古楽音楽祭 Wunderkammer Trieste 2013にも出演。2016年にはアムステルダム国立美術館の特別展示にてスクエアピアノの演奏の録音が使用される。さらにスペイン音楽をこよなく愛し、2014年3月のゴヤの誕生日に開催した「ゴヤの生きたスペインより」を皮切りに、古典期からロマン派初期におけるスペイン人作曲家の知られざる作品の演奏、本邦初演も精力的に行う。ボヘミアの作曲家J. L. デュセックの作品集のCDがBRILLIANT CLASSICSより発売中。
ホームページ : http://naru-fortepiano.jimdo.com/
写真:© Taira Nishimaki

「マヌエル・デ・ファリャについて」

西澤安澄 Azumi Nishizawa

西澤安澄 桐朋学園女子高等学校音楽科を卒業、同大学にて神谷郁代、岡本美智子に学ぶ。ジュネーヴ音楽院大学院にてドミニック・メルレに師事。2002年に同音楽院の演奏家過程を満場一致の一等賞で卒業後、ホアキン・ソリアノに招かれ拠点をマドリッドへ移し世界各国で演奏活動を開始。パリ・ショパン音楽祭、グラナダのエンクエントロス・ファリャ音楽祭をはじめ世界の音楽祭に定期的に招待されている。2010年ローマでの演奏会はRAI(イタリア国営放送TV)とCANAL10で収録され、同年インターネット音楽祭国際親善賞を受賞。ファリャの遺族や音楽学者の抜擢により完成したCD「ファリャ ピアノ作品全集」(verso)、「ファリャ:ピアノ編曲全集」(prometheus)は初めてファリャピアノ作品全集を完成させた面でも注目を浴びスペインでも絶賛された。2014年グラナダで収録された新譜CD:組曲イベリア(prometheus)も『レコード芸術』誌特選盤に選ばれるなど話題となっている。2004年上海師範大学非常勤教授。2006年よりヤマハ・スペイン・ポルトガル専属アーティストとして各地でコンサート、マスタークラスを行っている。

「スペインの魅力・人、生活そして音樂」

比石 妃佐子 Hisako Hiseki

比石 妃佐子

京都市立芸術大学音楽学部で園田高弘氏に師事、ザルツブルクのモーツァルテウムでサマーコースを修了後、ハノーバー音楽演劇大学独奏クラスで、H・ライグラフ氏に、ウィンタートゥア・コンセルバトリウム演奏家クラスで、Ch・リースケ氏に師事、演奏家国家試験に合格し卒業。A・デ・ラローチャ氏のマスタークラスを修了。X・モンサルヴァッチェ、C・モンポウ、V・クライネフ氏に師事。全日本学生音楽コンクール、マリア・カナルス国際コンクール(スペイン)名誉賞受賞、ピアノ80コンクール(スイス) 第1位優勝。2006年、イサク・アルベ ニス・メダル及び賞状を受賞。A・デ・ラローチャ監修、比石妃佐子校訂・解説アルベニス「イベリア組曲」出版。9枚のCDがレコード芸術誌上で特選盤、準特選盤、推薦盤、メロマノ誌上で金賞に選ばれる。スペインを中心にヨーロッパ、北米、南米で演奏活動。コンクルソ・アルジャウなどのコンクール審査員。「アナザ・スカイ」、「徹子の部屋」、「いつでもスタンバイOK」(NHK・BS)「ららら♪クラシック」他に出演。

posted by 学会 at 23:51| Comment(0) | 講師一覧