2022年12月27日

JSSPM第86回オンライン例会 2023年1月29日16時「スペインで聴いたコンサート 1974〜1978年」担当:中西輝夫

【JSSPM 第86回オンライン例会】
2023年1月29日(日)
16:00〜17:00
担当:中西輝夫(当会賛助会員) 
会場:ZOOMオンライン配信
例会+質疑応答
参加料: 無料(JSSPM 会員対象)

1974〜1978年、マドリッドで聴いたコンサート、演奏会場の様子、チケットの取り方、スペインとつながりのあるピアニストの話、ピアノを主に、スペインのオペレッタであるサルスエラについても触れたいと思います。
posted by 学会 at 19:05| Comment(0) | 例会

2022年12月02日

JSSPM第85回オンライン例会 2022年12月4日(日)「Montsalvatge:Tres Divertimentos」担当:比石妃佐子

【JSSPM 第85回オンライン例会】
2022年12月4日(日)
18:00〜19:00
担当:比石妃佐子(当会正会員) 
会場:バルセロナよりオンライン配信
例会+質疑応答
参加料: 無料(JSSPM 会員対象)

Montsalvatge:Tres Divertimentos

20世紀初頭のスペイン音楽界は、19世紀ぺドレイ、アルベニス、グラナドスによって推し進められてきた、スペイン固有の音楽をユニバーサルなものに引き上げるという活動が成果を表してきて、多くのスペイン作曲家が世界に進出しました。

その中の多くが、ぺドレイの流れを受け継いで発展させていたと言えますが、モンサルヴァチェは、作曲の世界に踏み入れた初期の頃から、師であった、モレラ、パイッサに反発してより自由で独自の作曲法を追求していきました。

モンポウと並びスペイン、特にカタロニアの20世紀最大の作曲家とされています。
posted by 学会 at 10:01| Comment(0) | 例会

2022年10月22日

JSSPM第84回オンライン例会 2022年11月6日(日)「スペイン伝統の舞曲のリズムとクラシック音楽 第2回・解説編」担当:濱田吾愛

【JSSPM 第84回オンライン例会】
担当:濱田吾愛(当会正会員 スペイン音楽研究家、カンタオーラ) 
会場:渋谷のスタジオ「サルバベルカント」よりオンライン配信
 
スケジュール: 2022年11月6日(日)17時-18時
例会+質疑応答
参加料: 無料(JSSPM 会員対象)

《スペイン伝統の舞曲のリズムとクラシック音楽 第2回・解説編》

 イベリア半島には古来、数多くの歌や踊りが存在します。とりわけ舞曲の種類は豊富で、全土にわたって流行を見た曲種から、地方色豊かなものまで、枚挙にいとまがありません。そうしたものの幾つかは、クラシコ・エスパニョール(スペイン古典舞踊)と呼ばれ、スペイン国立バレエ団などの演目にも取り入れられています。
 それらの舞曲のリズムを活用したクラシックの作品を具体的に紹介しながら、その独特の魅力に迫るワークショップシリーズ第2回は、本年2月・3月に行なった初回の内容を受け、ファンダンゴ、ホタをあらためて扱い、時間が許せばタンゴ、ファルーカといった地方性の強い舞曲にも触れていきます。眼目はリズムに置きつつ、メロディやコード進行的な観点からもその特徴を探ります。

 皆様のご参加をお待ちしています。
posted by 学会 at 00:00| Comment(0) | 例会